横浜の家族葬と高齢化社会

人口の多い都市でもある横浜でも家族葬が流行っているのは、高齢化の進行と少子化の影響によって時代が変わっているからになります。特に高齢化ということでは、全国どこでも進んでいることから、どこの地域でも進んでいる傾向があります。そして、家族葬では地縁や血縁関係の希薄化が多くなってきていることが、増えている理由になります。近所付き合いの希薄化が進んでいるのは、やはりインターネット社会に応じて個人情報などがわからなくなっていることもありますし、付き合いなどが無くなっている背景もあります。もちろん田舎では、それ以上に付き合いがありますので、なかなか家族だけでの葬儀というのはできない傾向もあります。核家族化などもありますので、価値観の多様化によって、葬儀について考え方が大きく変わってきていることがいえます。

横浜での家族葬と葬儀の意味とは

横浜などの大都市でも家族葬が多くなっているのは、社会的背景が考えられます。また、一人っ子同士の夫婦の場合なども、親族だけで行うにも楽なので好んで行っているところが少なくありません。そして、家族ということでは両方の親の葬儀を行わなくてはならないために、葬儀にお金をかけられない人も多くなっていいます。しかし、忘れてはいけないのは葬儀をする意味ということになり、故人の人生をどう解釈していくのかによって、これから残された人の人生にも大きな意味が変わってきます。死を受け入れるために葬儀は必要不可欠なことになり、生きている人にとって受け入れる体制こそが、これからの人生を歩んでいくことができます。そして、使者を見送る儀式としても家族葬は必要なものになり、儀式を済ませることで前に進んでいくことができるといえます。

横浜の家族葬と時代背景

葬儀というのは、死を社会的に確認する作業になり、いつまでも亡くなった人を残しておくことがないようにすることです。亡くなったことのお知らせにもなりますし、生前のお礼といった遺された家族のあいさつがあります。大きな葬儀では大変なこともありますが、横浜の家族葬では本当にこじんまりとして行うことができるので、時間を使って考えることができますし、費用なども安くすみます。もちろん親交のあった友人などがいる場合には、家族葬とはいえ仲間に入ってもらうことも可能ですし、少しでも現代社会のライフスタイルに対応した内容にすることで、葬儀というものの神聖さをなくすことなく行うことができます。ただ単に葬儀費用が安く終わらせたいという理由で、家族葬をするわけではなく、あくまでも考え方や偏った時代背景に左右されないようにすることが、大切なことになります。

事前の相談から葬儀後までトータルサポートしております。 故人様のイメージに合ったお花でお送りするようにします。 家族葬には明確な定義や形がなく様々です。家族を中心に行う、あたたかな家族葬などを、ご提案いたします。 葬儀実績数1,500件以上です! 当社は葬儀歴25年、ご葬儀施行担当数1,500件以上の一級葬祭ディレクターが葬儀を担当しています。 横浜で家族葬を執り行うならこちら